愛の日記


<< 2019年 6月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3
4 5 6 7 8
9 10
11
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新履歴
2019/6/11
ここまで来たら、揺れ戻し

2019/6/10
血のつながりよりも強いもの

2019/6/3
新月に思うこれからのこと

2019/6/1
母とのトラウマを解消する 396Hz瞑想

2019/5/28
チャクラへの光照射



母とのトラウマを解消する 396Hz瞑想 2019年06月01日(土)

300番台の周波数は人間の肉体がまだ完成する前の精神領域と関係します。具体的には、成人に達するまでの期間となりますので、18歳頃までの肉体形成前の魂の記憶にトラウマがある場合、それは深いものとなります。

主に母親との関係におけるトラウマは、幼少期から18歳までの肉体が完成する以前に作られます。未完の肉体時期に作られたトラウマは、通常一生消えることはありません。若い頃の失恋体験と、ある程度行ってからの失恋では、そのショックや記憶の質に違いがありますが、母親に関係したトラウマは幼少の頃からのものであり、極めて深いのです。

母親との関係性の影を解決するために、以前、私は「母殺し」という言葉を使って、母から断絶すべきものは切ってしまい、慈愛の名に隠された母なる幻想から独立する重要性について語りました。雑誌などで何度か取り上げられたことがあり、一部でセンセーションを起こしました。

あなたは母の犠牲にならなくてはならない
あなたは母よりも優れてはならない
あなたは母よりも女性的であってはならない
あなたは母よりも性的であってはならない
あなたは母から独立してはならない
あなたは母よりも知的であってはならない
あなたは父から女性であると思われてはならない
あなたは父から母よりも愛されてはならない

まだまだ色々あるでしょうが、主なトラウマの根となる母との関係性を上記しました。このことが明確に意識されていれば、苦しいながらもそれは病理とはなりませんが、意識されることなく上記の命令を受け続けていたとしたら、あなたはあなたの人生を歩んではならないという信仰を心の奥底に抱いていることになります。無意識は自分では気づきにくく、ただ生きることが苦しいと感知されるだけです。

母に否定された自己は、救済を求めて母にすがったりもし、それによって完璧に自分の人生を失います。苦しさのあまり母から物理的に離れたとしても、重たい気持ちは常に心を塞ぐことになります。
母に心を縛られた状態は、男であれ女であれ、人生を横取りされた苦しみですので、真の自立には一度「母殺し」なる意識状態を必要とするのです。

周波数はその周波数と共振することでエネルギーの場をつくり、その周波数が持つ現実を肯定します。周波数によるトラウマの解放には理屈も思惑もなく、解放そのものであり、自分の存在の理由が要らない自然な世界を意味することになります。

私たちをそうした状態に導いてくれる周波数が396Hzです。この音をたとえネット上の音源通しで聞くだけでもそれなりの共振が得られますので、母とのトラウマに苦しむ人にとっては有効でしょう。また、トラウマを感じない人でも、この音を聴くとやはり楽になると思います。何かが楽になっていく感覚があると思います。

ここでは一応、誘導瞑想の形を取り、母なるものとのトラウマに焦点を当てた内容になっています。ぜひお聞きください。


母とのトラウマを解消する396Hz 瞑想 
396Hzチューナー演奏・シナリオ マドモアゼル・愛



マドモアゼル・愛 公式SHOP



 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.