愛の日記


<< 2020年 4月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
- - - - - - -
更新履歴
2020/3/12
立憲が賛成して方案通貨

2020/2/17
3月9日「チューナー無料体験会」中止のお知らせ

2020/2/12
楽しい塩マスクファンタジーで自己防衛

2020/1/31
時代を変える京都市長選挙

2020/1/10
3月9日 MIチューナー無料体験会 ミニ講演&ソルフェジオ音楽会(無料 軽食も付いてます)



時代を変える京都市長選挙 2020年01月31日(金)

2月2日に京都市長選挙があります。この選挙結果とその影響に至っては、国政を動かし、一夜にして日本を変える可能性を秘めていると思います。

現職市長は、「共産党はNO!」とのネガティブキャンペーンの元、京都の有力者9名を推薦を得ていると発表したところ、推薦人の多くはそのことを知らず、後になって、「特定の党を批判するようなネガティブキャンペーンはいや」とか「共産党だからNOとか排除するような考えは間違っている」といわれる始末。

かなりの焦りが見えています。元々共産党は京都では強い政党です。古い寺社が残ったのも、いたずらに開発を許さなかった反自民党政治があったからとの考えもあるくらいです。まして、今回は令和新撰組が共産党と共闘して福山氏を推します。

もしかしたら共産党と令和が推した福山氏圧勝の可能性すらあるでしょう。となると、日ごろから相手が共産党の政治家でもないのに、「共産党!」と口をとがらせてやじっていた安倍氏にとっては非常に面白くない結果となります。また、国民の政権交代の期待を裏切った立憲へお灸もすえられます。

安倍一強政治は強力に見えるものの、果たして本当にそうでしょうか。

ここに安倍首相の後継者と目されている岸田氏がいます。岸田氏はまじめな性格でじっと安倍氏に忠実に従い、次に来るであろう自分の番をじっと待っているおとなしい印象がありました。しかし、ここに来て、あんり氏の問題が出てきました。

岸田派のホープである溝手氏とあんり氏に対する自民党本部からの選挙助成金が一桁も違っていました。あからさまにあんり氏を応援し、何としても勝たせようとする安倍氏サイドの意思を、ただ黙って岸田氏は受け入れているのでしょうか。

谷垣氏と岸田氏の接近がささやかれる中、谷垣氏にしても、あの自転車事故は不運であったことはともかく、何か納得できない思いがおそらく谷垣氏にはあると思っています。ここに来ての谷垣氏と岸田氏の接近、それを見ている古賀氏の本来の自民勢力の結集が見えてきます。

もし、2月2日の京都市長選挙で福山氏が圧勝でもすることになり、そしてそれを契機に、岸田氏が正々堂々と反安倍を標榜して立てば、時代の風は必ず岸田氏になびくと思うのです。政治家には、生涯に一度の大きなチャンスがあると思いますが、岸田氏はここを逃してはならないと私は勝手に思っています。岸田氏は男になれと、天も応援する千載一遇のチャンスです。

谷垣派と岸田派が共闘すれば、数的には十分なうえ、石破氏もとりあえずは加わることになるだろうし、まるで太平記の現代版ともなることでしょう。安倍様一強と信じていた金魚の糞的代議士の連中も、すわ大変とばかり、雪崩を打って逃げたり、谷垣・岸田に加わろうとすることは間違いありません。

さらに、共産党&令和と組めば、あっという間の政権交代が可能となります。立件や国民とゴタゴタするよりもずっと早く、政権獲得が可能となります。
立憲からも加わる政治家は多いでしょうから、岸田総理大臣は総勢300名を従える可能性すら見えてきます。

今のところ、私にあくまでファンタジーです。しかし、本気に岸田氏が本気になれば、これは実現できます。誰か、岸田氏に言ってあげてください。岸田は安倍氏を裏切ったのではなく、安倍氏が先に岸田氏を裏切ったのだ、、、の論理は成立しますので、岸田さん、ここは男になるときです。今しかありません。しかし何であれ、令和が共産と京都で組む判断のすごさに敬服する次第。山本太郎はやはり一度は総理大臣になるでしょう。(好き嫌い関係ない予想としてです)

マドモアゼル・愛 公式SHOP
 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.