愛の日記


<< 2019年 7月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1
2 3
4 5 6
7 8 9 10 11
12
13
14 15 16 17
18
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -
更新履歴
2019/7/18 New!
しんちゃんへの伝言

2019/7/17 New!
理想でしか動かない

2019/7/17 New!
運転手さんの交代時期

2019/7/12
アーティスティックな639Who

2019/7/11
重力につかまってしまった私たち人間



トランプ・金正恩 握手で太平洋戦争が終結 2019年07月01日(月)

 大阪でのG20が終え、米中経済戦争が一端休止状態に。それを予測していたかのような、安倍氏の「中国は永遠の隣国」メッセージ。これを見て、今回の世界の動きを安倍氏は理解し、存在感に恥じをかくことなく終えるかも、、、の期待を抱きました。

何も安倍氏に期待することもないのですが、これまでの基本的態度に変化が出た以外に考えられない永遠の隣国発言。これにより、中国が介在する形で、日韓のしこり解消への道が整う気もします。

アジアを平和裏にまとめる力学が急速に動き出しています。そんな矢先のトランプのツイッター発言は世界を驚かせます。明日、板門店で彼に会う、、、というような内容。

言葉通り、6月30日のおお祓いの日に、トランプ・金正恩は北の国境で固い握手を交わして国境を越えました。これにより、太平洋戦争は終結したことになります。

2月の会合は物別れに終えました。その裏には、突然、来るはずのないボルトンが来て、話しをご破算にしたことが伺えます。まだ戦争屋の力が強かったのです。今度は戦争屋が入らないように、突然の発表により、トランプ流で問題解決をはかりました。安倍氏がそれに同調した流れの中にいるので、私にとっては驚きでしたが、今後、安倍氏と安倍氏の背景にある勢力との調整はどうなるっていくのか、興味があります。

ともかく、二人が板門店で固い握手を交わしたことは、戦争の終結以外にないのです。なぜなら、アメリカと北朝鮮はまだ戦争状態にあったからです。この二国間では、まだ太平洋戦争は終えていませんでした。二月の会談では戦争屋に壊されましたが、再び和解に持ち込んだトランプ。これでもう、くつがえすことは不可能だと思います。

これをもって太平洋戦争は終えたのです。では、誰が勝者だったのでしょう。日本は無条件降伏をすでにしていますので、今の日本は、勝者ではなく、アメリカの傀儡国家になっています。なので、今のままでは日本は勝者ではありません。

そこで太平洋戦争の意味を振り返ってみたいのですが、戦争の目的は何だったでしょうか。それは、アジアから欧米列強を追い出すことにありました。

とくに日本の陸軍中野学校においては、その教育が徹底していました。例え天皇の命令であっても、この戦争を辞めることはしない、という教義が中野学校にあり、その卒業生はアジアに散り、日本軍が敗戦で弾き戻った後もそれぞれの現地に残り、中野の戦争を続けていたのです。

一部の中野生徒はインドネシアの独立を助け、一部の中野生徒はインドの独立を助け、一部の中野生徒は北に行き、その立国背景に深く分け入ります。金日成と言いますが、なぜパルチザンの反日勢力が、日成などと名乗るでしょうか。日本が成るではありませんか。

その息子の名は、金正日です。正しい日本、、、そんな名を普通なら息子に付けるわけがないではないですか。中野生徒の戦争はきっと続いていたのだと思います。

そして、6月30日、ついに太平洋戦争は終結を迎え、北が勝ったことになります。中野が勝ったのです。なぜなら、今後、半島からアメリカ軍は撤退していきます。次に沖縄からも撤退していきます。そして、トランプ氏が言うように、安保条約も破棄される方向に向います。

昨日の板門店で、韓国側から取材をしていたアメリカ取材チームの慌てようは、まさに世の終わりを感じさせるものでした。実際に彼らにとっては、世の終わりだったのでしょう。

おそらく、彼らは寝耳に水の情報だったはずで、そんなわけない、、、との思いで現地に飛んだところ、本当だ、、、となったわけです。まさか、国境を越えっこない、、、と思っていたら、まさか、アメリカ大統領は北への国境を越えたのです。

その時のマスコミの慌てようは無かったです。知らなかったのです。まさか
そんなことになるなんて、、、、と。トランプはマスコミを信用せず、ツイッターで自分の情報を世界に流しています。マスメディアは今でも反トランプ姿勢を強調します。その彼らが、時代の変化の前に、不安とおびえを見せた瞬間でした。

本当に今回のことは、マスメディアサイドにとっては突然だったのです。私は今朝のテレビの解説家がどのような反応を見せるか、非常に興味深く観察しました。おおむね、はっきりしたことは言わないものの、「このままスムースになど行かないでしょうね」という多少皮肉な反応が主流でした。

彼らは、安倍氏をどういう形で今後報道するか、それも見てみたいと思っています。選挙前のパフォーマンスとしての可能性も高いですが、しかし、次は日本の方向性が試される時代に入ります。

安保条約は破棄、日本からアメリカ軍は撤退、、それに絡むあらゆる利権と政治勢力の解体が、今後始まります。解体が終えて、日本が傀儡国家から脱皮した際に、本当の太平洋戦争の勝者が日本であったことが分かるのです。

ただし、そのことがはっきりするまでには、まだ5年以上はかかるでしょう。しかし、そこから見える方向性は非常に面白いです。

まず、今回の流れで最大の利益を受けるのは、ロシアでしょう。アジアからアメリカがいなくなり、中国は土台がゆすぶられる中で、中東で起こる戦争もロシア優位に終えることは間違いないでしょう。

やがてロシアが世界的なリーダーとなりますが、時代は経済の時代にすでに入っていますので、太平洋戦争の最終勝者となった日本の経済力抜きでアジア未来を作ることは不可能です。ロシアは日本と組む以外に発展する道はなくなるでしょう。

そして、東京発、もしくは札幌発かもしれませんが、パリ行きの大陸横断新幹線が走る時代へと向かっていくと思います。太平洋をはさんだ発展は不自然極まりないものでしたが、お隣りの大陸となら、ご近所で自然です。

半島は平和に収まり、中国も経済異変の後、共産党がもしかしたら無くなり、ロシアと日本と新たな発展を模索し出すことも自然な流れです。こうして、日本極東ユーラシアの時代をイメージできる政治家が出現することで、とんでもない繁栄の時代へ私たちは進むことになるのです。きっとそうなりますよ。

波動で見る 波動で生きる
マドモアゼル・愛 公式SHOP


 

めぐるめぐるよ 時代はめぐる  2019年06月30日(日)

 なぜ時代が大きく変わるかというと、これまでの時代を動かしてきた原動力に力がなくなり、これまでの世界をこれまで通りに運営することが、物理的にできなくなりつつあるためです。なので、いやでも変わらざるを得ません。

よく、時代が変わるからと言って、何もかわってないじゃないか、、、というご意見を聞きますが、本当に変わっていないでしょうか。生活することが、どんどん厳しく、貧しく、大変になってはいないでしょうか。

会社はどんどん働く人に無理難題を押し付けてきてはいないでしょうか。5年前と比べて、私たちを取り巻く社会環境やストレス度合いは、比較にならないほど、大きくなってはいないでしょうか。

それは、これまでの時代運営の原動力に陰りが出てきた分を、単に末端の労働に無理を強い、なんとかシステム維持を図っていたということです。

合理性は今後極端まで突き進み、AIやブロックチェーン技術の応用により、私たちの職のほとんどが変化するか、もしくは消失することになると思います。

トヨタが終身雇用を守れないで、どの企業が守れるのでしょう。時代は本当に変わるのです。私たち一般の労働者は安い時給で働くか、もしくは外に放り投げ出せれるか、どちらかの道を選ぶ以外にないと思われることになるでしょう。

しかし、考え方、意識を変えることで、そうした変化がもしかしたら、私たちのチャンスになるかもしれないのです。どう考えようとも、時代は変わっていき、このままでは、私たちは貧しくなる一方です。こちらも、考えや生き方を変える以外にないのです。その中に見えてくるチャンスと可能性に、実はまだ多くの人は気づいていません。そのため、未来や変化をただ恐怖に感じてしまうのです。

以下の三本の動画は、シリーズとして「どう生計を立ててゆくか」①から③をご覧いただけたら幸いです。これからの時代をどうとらえるか、どうやって生計を立てていけばよいのか、、、の何等かのヒントになれば幸いです。

今、年収が2000万円ある人も、自給でボーナスもなしに働いている人も、同じように、海に放り出される変化が襲うでしょう。勝ち組も負け組もない、みな一兵卒の時代が訪れます。新しい時代をどう生きるか、、、どうやって生計を立てるかは、皆共通の問題だと思うのです。







波動で見る 波動で生きる
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 

「母殺し」 あなたは母殺しを終えていますか? (母殺しの動画入門編) 2019年06月29日(土)

 母殺しとは私が作った造語で、もちろん、実際に母を殺すようなこととはまったく関係ありません。あくまで心理上の造語です。と言ってしまえば、なんだ、ということになりますが、母殺しを終えた人と終えてない人とでは、雲泥の違いがその人生で出てきます。

一言でいえば、母殺しを終えた人は気持ちが楽になっており、自分の人生を歩めることになります。母殺しが終えてない人の人生は暗く冷たくロボットのようなコントロール感で常に苦しんでいます。

なぜロボットのようなコントロール感で苦しむのかというと、それは無意識の中で今なを母の命令にすむけず、その命令に沿って生きており、その結果、自身の人生はその人にはない、なのでつらく苦しいわけです。

成績トップ、、、生まれつき頭が良いのかもしれませんが、トップを続けるには、遊びを我慢し、ライバルに負けないよう心を冷たくし、苦痛にもめげずに良い成績を続けた人だということです。

なぜそんなにまでして彼はトップであり続けようとしたのでしょう。大体は母の命令がそこにあるから、、、もしくは、母が求めるものを知ってのことであったはず。苦しい努力を強いる母、、、本当は怒りと憎しみが心のどこかに芽生えてもおかしくありません。しかし、彼は母に抵抗することができない、、、、自分の中にある母への怒りや憎しみを意識することが怖い。

それは、彼が母に依存していたからでもあるでしょう。母を憎めば、自身は自身の存在に責任を持たねばならなくなる。勉強を辞めることは、代わりに自分がもっと真剣な本当の生き方を持つしかなくなる。

母に依存していれば、自分を成熟させなくて済む。日本の優秀な人に共通する傾向があるように思われます。母殺しを終えてない出世組。政治家の多くにもそんな雰囲気を感じることが多い。やけに威張っている政治家、、、威張るという表面的な男らしさは、おそらく母から心理的去勢状態にあるためだと考えるとうなづける。権力と金があれば、女を囲い、周囲には威張り散らす、、、男性代議士にみならず、女性代議士にも同様の人が結構います。

母殺しが終えてない女性代議士はやけに威張っている。ヒステリーである。それは自分を商品化しているからなのですが、それには気づかない。皆が認める価値の範疇の中での自分の優秀性を威張ったり鼻にかける。自分を高い商品と思いたいためです。

それだけ、本当は絶望している。自分を高い商品にしようとすること自体が、すでに絶望の淵にあることに気づかない。「このハゲ」発言で失脚した女性代議士や、それに似たタイプの女性代議士は、票集めのためなら土下座も簡単にできる。

女性代議士も男性代議士ももちろん同じです。官僚で心の冷たい人は、自分は勝ち組であり、母に誇れる存在であると思っていることでしょう。不自然なことでも平気でできる、我慢できるのは、それが母の言いつけであるからです。母の言いつけを守るために、その人は、男も捨て、自分も捨てたのです。なので、権力を持ったら威張る以外にない。男を捨てたのだから、金で女を囲うしかない。

こうした母からのコントロール状態にある人は、何も代議士や官僚だけではなく、至るところにいる。大体は優秀と思われている人に多い。なぜなら、母からのコントロールを拒絶すれば、人はもっと自由な生き方に結果的になっていく。暗に強要する母に対して「ババア、うるさい」と言えていたなら、母のコントロールは立ち消え、私たちは孤独の出発を覚悟してスタートさせていたはずだ。

「ババア、うるさい」ということが正しいなどと言っているわけではありません。ただ、コントロールしてくる母を拒絶しなければ、誰も自分の人生を歩むことはできなくなるということです。

もちろん、多くの人は、上記に該当しな良い母、自然な母に育てられて自身の人生を生きていることでしょう。とは言え、少なからず、私たちは誰もが、両親主に母の存在、そのメッセージに縛られている面があります。誰にも、自分の人生を生きるためには、母とのへその緒を心理的に切断する母殺しが必要なのです。

ここで言いたいのは、形の上では恵まれているのに、なぜか体が重たい、なぜか心が苦しい、自分より低い相手には冷たい、生きる喜びがわかない人のためのものです。人をいじめるような際にしか喜びが出てこない人、、、それは明確なサインであり、その人は母に今なをコントロールされているのです。

なぜコントロールする母が存在するのか。それは母が不幸だったからです。母の結婚は恐らく不幸であったが、形の上では幸福に見せていた。世間に多いパターンだと思います。しかし、あくまで見せかけなので、魂には嘘はつけない。本当は自身の人生がつまらない。母には自分が生きているという手ごたえがない。そこに子供ができる、、、子供を通して自身の無意味な存在の埋め合わせが始まる。子どもは母の不幸の埋め合わせのための人質に捉えられていく。

父と母はすでに心が離れている。父も子供に見せかけの男らしさを教えこもうと力む。母も父のことも本当は大嫌いなのにコントロールされている人はそれを隠す。本心を見せることは、自分はこの家を出て一人となり、外見の幸福を捨てることになる。外見の幸福がすべてだと教わって来た子なので、家を出る恐怖は大きなものである。そこで子供は従順となり、母の命令から生涯抜け出ようとしなくなる。

母が死んでも母の命令は残る。心理的母殺しが終えるまで、私たちは母のコントロールを抜け出せないのだ。

下の動画は母殺し①となっています。③まで続く予定ですので、ぜひご覧ください。



心を解放に導くチューナーライフ
マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

地電圧差を利用した「MIアーシング」 2019年06月24日(月)

アーシングの重要性が段々と理解されてきました。私たちの生活環境は帯電という意味では、本当にすごい環境になっています。

アスファルトジャングルを歩き、コンクリート内のオフィスで働き、家に戻ってもマンションなどですから、大体は地上から離れています。脚は絶縁体の靴を履き、周辺は電気機器で囲まれ、一日中パソコンを見つめていたり、スマホを片時も離さず、常に電波環境内にいる私たち。

その上、5Gなどにでもなったら、電波の檻の中に住まわせられたようなもので、みんな狂ってしまうのではないかと、本気で心配になるほどです。

今、帯電を放出する意図的な作業が私たちに必要なのです。よくわからないストレス、体調の不良、頭重感、体が重たい、、、それらのすべてが帯電によるものとは言えませんが、少なからず、関係してはいると思います。

雨がふれば、多少空気中に放電されますので、どことなく気分が落ち着くことが多いように、意識的にアーシングする時代になっていくと思いますし、アーシングすることで、私たちが存在すること自体がかなりの部分で楽になっていくと思われます。

アーシングは簡単な原理です。冷蔵庫や洗濯機、クーラーの近くにアース口があるのを見かけたことはないでしょうか。アース線をアース口につけて、地中に放電するシステムです。

電圧は高い方から低い方に流れますので、生活環境内に電圧問題がある場合、アースを通して地中に電気を流し、安全策としています。しかし、昔の家一軒屋では、アースが地上と直結していたでしょうが、今のマンションや集合住宅、もしくはビルのアースが一体どうなっているのか、非常に心もとないものがあります。どこでアースしているのか、それさえも不明です。

たとえ、アース口があったとしても、集合住宅には何十件、何百件の部屋があるわけで、中には放電しているものもあるかもしれませんので、人がアース線に触れた場合、多少なりとも危険があるのではないか。素人考えではついそう思ってしまいます。
アース口によるアースが都会での主流ですが、問題を含んでいる面もあるにはあります。テスターでテストしていれば問題ないし、また、アースによる放電の成果を知ることもできますが、非常に面倒であり、難しい作業です。

MIアーシングはこうした従来のアーシングの方法とはまったく異なる視点に立っています。それは、帯電しているので地中に放電する、、、という従来の考えと違い、アース線を二本用意し、地中の地電圧差を利用して、そのギャップの解消によるエネルギーを取り込むことを目的にしています。また、放電版のふたつの金属の伝導圧のギャップを利用してもいます。

具体的には下記の動画に示しておりますが、従来のアーシングとの違いは、放電アースが二本ある点。アースが着地する土中地点の深さに違いがある点。そして放電版となる金属の特性からくる電導のギャップを応用した点です。

人間の体の左右と金属板の特性とのギャップもあり、様々なギャップを作る構造をしています。右半身には金を、左半身には銀。これが原点ですが、これだけでも空気中のエネルギーを得ることができます。(ただしこの場合はアーシングにはなっていません)

また、金銀を用いるのではお金がかかり過ぎます。代用は十分に利きます。まず、金は銅の代用で良く、銀はアルミでも代用でいいのです。

銅は金と同じと書いて銅です。銀は金よりも良いと書いて銀です。確かに銀は金よりも伝導率が高いと思います。ただし、銀も高価なものですので、さらにアルミに格下げした形で、利用します。

詳しくは下記動画をご覧ください。

実際に試してみますと、驚くの結果が得られます。アーシングの体感はすぐにわからない場合が多いのですが、たった10分程度の地電圧差アーシングではまずほとんどの人がその変化を感じ取ります。

歩いてみると足が軽くなり、重力から自由になった雰囲気がしてくるでしょう。重力から自由になることが、実はフリーエネルギーの取得なのです。またフリーエネルギーを得るに従い、私たちは瞑想状態に陥っていきます。自由電子を得たから瞑想状態となるのか、もしくは瞑想が進むからエネルギーが入るのかはわかりませんが、瞑想はエネルギーを得るのが目的でもあるでしょう。微細なギャップがエネルギーをもたらすのです。瞑想は静かなので微振動のギャップに行き着けるため、高度なエネルギーワークでもあります。

同様のことが地電圧差を利用したMIアーシングでも起こります。MIアーシングによって深い瞑想となっていきます。すべての情報の公開はもう少し先になりますが、いずれ、すべてのノウハウを公開いたします。それによって、アーシングが新しい段階に入っていくことでしょう。

占星術における私の月の新解釈も異端として受け取られた面がありましたが、正直に偏見なく月について考えてもらえたなら、本当にその通りですので、やがて歴史が証明してくれるものと信じています。

今回のMIアーシングに関しても、おそらく賛否が渦巻く可能性があると思いますが、要は実践した際の驚きが共有されて、新しいアーシング理論が作られていくと思います。

MIアーシングはフリーエネルギーを元に考えだされたものですので、現在の科学的な意味での根拠は薄いと思います。ただ、地電圧差があることも、また金属伝導率の違いがあることも事実です。ただ、それらがつくるギャップがなぜエネルギーをもたらすのかについては、科学はついてこれない段階にあります。そのため、頭が良い人ほど非科学的と思われることでしょう。

飯島先生は飛行力学からは絶対に飛ばない飛行機を作り、その作り方も公開されましたが、専門家が訪れ、実際に先生がお作りになった飛行機が飛ぶのを見て、「こんなことは絶対にありえない」と言って帰られたということです。

世間はそんなものなのです。今のところ、地中からフリー電子が得られるとも、地電圧差によるエネルギー補給があるとも、科学的には認められていないことだけは申し述べておきます。非科学的な話しなので、誤解ないようにお願いいたします。

MIアーシングセミナーのお知らせ
日時 7月29日(月)13時から17時まで
詳細は下記まで
マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

妖精茶会の開き方 2019年06月19日(水)

今年も夏至が近づいています。夏至の晩を描いたシェークスピアの真夏の夜の夢。私はリンゼイケンプ劇団の「真夏の世の夢」を見て、夢中になったことがあります。

森の妖精たちの物語です。私も夜中の森ではありませんが、妖精茶会をもう20年にわたって度々開催しています。今年の夏至にもやりたかったのですが、都合がつかなかったので、妖精茶会の開き方のガイドブックと、動画の二本立てでアプローチさせていただきました。

妖精茶会をぜひ多くの人に開催してもらいたい、、、妖精は植物を育てる自然霊です。妖精がなくては植物は育たず、花も咲きません。妖精にとっては、緑ある自然が故郷であり、住処です。

しかし人間は妖精の住処である自然の森をアスファルトに置き換えてきました。都会には妖精が暮らす緑や森がどんどん少なくなってしまいました。神社の鎮守の森は、この森だけは絶対に守るよ、、、との人間との約束の地であり、妖精のアパートのようなものです。それさえも、駐車場に変わってきています。

緑や森が少なくなれば、妖精もついつい意地悪くなってしまいます。人間と妖精は本当は仲が良かったのに、森や緑が少なくなり、妖精の住処がなくなるにつれ、その関係にも変化が出てきてしまったのです。

砂漠の中東などでは、緑がなく、妖精が住みにくい地でもあります。いても環境的に苦しいので、つい怖い妖精になりがち。争いをもたらす原因になっていることに人は気づきません。

東京でも、緑あるところが結局は栄えています。原宿や新宿、渋谷の近くには神宮の森や新宿御苑、原宿の代々木公園や明治神宮など。銀座にもかろうじて日比谷公園があり、大木が残っています。

緑や自然が残る場所に人は集まるのです。繁栄は自然を抜きに語ることはできません。まして、緑を育てる妖精と仲良くなれるか、敵対してしまうかで、私たちの未来の方向も違ってくると思います。

今、私たちに求められているのは、自然の復活です。これが一番早い人類開運法なのに、大地は放射能で汚され、海も汚染され、大木は倒され、緑の大地はアスファルトで埋め尽くされます。まるで仇を取るかのような人間の開発は、なぜなのでしょう。人間の方が狂っているのです。

妖精と人間が仲良くならない限り、良い時代が訪れるわけがありません。妖精茶会というと、子供のおふざけのように思われる方が多いかもしれませんが、そうではないのです。

妖精茶会、、、妖精と人間が昔のようにふれあい、仲良くなる、、、そこからもう一度、文明を作り直す時代がやってくると思います。それしかないからです。

妖精茶会。ぜひあなたも開いてみてください。その方法をガイドブックと、動画配信の二つでご案内させていただきました。夏至がすぐ近くに来ているので、夏至に妖精茶会を開いてみよう、、、と思われる方は、動画をご覧ください。やり方のすべてを紹介しています。

ガイドブックにも同様の内容が書かれていますが、発送までに数日かかるので、夏至が過ぎてしまいます。お急ぎの場合は動画をご覧ください。ガイドブックはぜひお手元に残して、妖精茶会を開く際にお使いくだされば幸いです。

人間の開運法もここにあると思います。自然を復活させる人になれば、妖精は喜んでくれるはず。見えない力の援助なくして、人間に何ができるというのでしょう。妖精との仲直り、そして連携による未来づくりがこれからの道だと思います。

妖精茶会の開き方(ガイドブック)2000円
動画配信「妖精茶会の開き方」2500円
マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

Bチーム、、最高の表現! 2019年06月18日(火)

アメリカのBチーム。最高の表現ですね。Bチームとサウジ・イスラエル・これまでの日本のトップは仲良し。安倍氏は反Bチームへ寝返ってトランプ側についたとの情報もありますが、本当はどうなのでしょう。

もしそうだとすると、日本に嫌がらせ的な出来事が多くなるので、わかってくると思います。また本当なら麻生氏とも大喧嘩を始めるでしょう。

今、アメリカBチームとトランプは戦闘中。さらにトランプは世界のBチーム掘り出しと解体に向け奮闘中でもあります。どちらが優勢かというと、トランプ側です。

Bチームがどの国のどこまで入りこんでいるのかは、けっこう難しいです。イランの中にも上の方にもしかしたらBチームがいる可能性だってあるし、一枚岩なのは、かろうじてロシアくらいかも。今、世界で起きていることは、Bチームが衰退していく過程で起きている事象。

Bチームは本心を表に出たらダメで、親玉にとりついて栄養を吸い取る性質なので常に隠れています。知ったらしまい。わかったら終わりが彼らの宿命。

Bチームを隠す役はマスメディア。一番うまくいっているのが日本。今も露骨にそうですね。トランプを変人扱い。でも確かに変人だとは思いますがやってることを見てあげなくてはね。

日本の中枢はBチームとべったりでしたが、果たして今後どうなっていくのか。国と国とが対立しているのではないのです。それぞれの国の中で、本来の国を思う勢力と乗っ取りをはかるBチームとが争っている最中なのです。

その戦いは、国の中、組織の中、企業の中で、今、行われているわけです。マスメディアはその構図を隠し、時に愛国心という言葉を使ったり、陰謀という言葉を使ったり、常識とは違うという印象を与えて隠れているBチームを助けるために一生懸命なわけです。

トランプも本当はBチームの別同部隊だという人も多いですが、とにかく、やっていることを見て判断していく以外にありません。今のところ、見事に反Bチームを貫くアメリカの愛国者だと思います。と言って、日本についてどう考えているかは、また別問題ですよ。



周波数がすべてを決める
マドモアゼル・愛 公式SHOP


 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.