愛の日記


<< 2019年 4月 >>
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1
2 3 4
5 6
7 8
9 10 11 12 13
14 15 16 17
18
19 20
21 22 23
24 25 26 27
28 29 30 - - - -
- - - - - - -
更新履歴
2019/4/23 New!
GW特別配信無料ZOOMセミナー

2019/4/18
10連休と為替相場

2019/4/17
吸ったら吐く、出したらしまう

2019/4/8
わかってくると語れなくなる

2019/4/4
令和に寄せて 「大伴家持・菅原道真・一条天皇のお話し」



GW特別配信無料ZOOMセミナー New! 2019年04月23日(火)

GWにふたつの無料セミナーのご案内です! 

GW特別配信無料ZOOMセミナー① 
「アナロジーREIWA BYマドモアゼル・愛」
4月29日14時-15時
全員完全無料

GWに無料ZOOMセミナーをふたつ企画しました。一つ目は、新たな元号に秘められた意味についてお話しさせていただきます。みどりの日のお昼時ですが、お時間がある方はぜひご覧ください。完全無料セミナーです。元号が変わると時代も変わるのがこれまでに共通した特徴です。令和は初めて使われる文字や発音も新しい印象で、万葉集からというのも初めてのこと。様々な人や立場での思いが込められているとは想像できます。その中でどんな内容が国民の意識と共振を開始するか、、、そこにスポットをあててお話しさせていただきます。

時代を読むことは先を見通すことですので、これからの生き方の指針としても応用できるはず。時代は変わる時はあっという間に変わりますので、未来が延長線上にあるとは限りません。令和に込められたアナロジーを探り、私たちが向かおうとしている未来について考えましょう。

ZOOMが初めての方も多いと思いますが、ご説明いたしますので戸惑うことも少ないと思います。下記フォーマットからご参加ください。

お申込み方法
下記フォームからお申込みください
アナロジーREIWA BYマドモアゼル・愛 お申込みフォームURLをコピーしてお申し込みフォームにお入り下さい。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=ee6537459daaa494

なを、このセミナーは完全無料ですが、連休明けから配信手数料のみいただく1000円にてアーカイブ配信の予定です。無料の今回をお見逃しなくご利用ください。


GW特別配信無料ZOOMセミナー② 
「周波数の段階的特徴と実演 BYマドモアゼル・愛」

5月2日21時―22時
全員完全無料

GW特別配信セミナー(無料)の二番目は、周波数についてです。長年周波数に携わってきました。私は学者ではないので、学術的、及び科学的な判断はできません。そのかわり周波数が実際に人や体や心にどのような影響を及ぼすかについてなら、かなりわかっております。最近では、周波数の影響というより、周波数と共振することで現実が作られるのではないかとすら思っています。ただそこらへんは感覚的な話しになってしまいますので、それが真実などと語る立場にありませんが、どの周波数がどういう段階に属し、実際に人にどのような形で働くのか、、、ということならかなりわかってきました。今回はそれについて語り、実際に周波数を聞いていただいて、それぞれのお立場から体験してもらう、、、との内容です。

同等の周波数では共振がはじまります。ある周波数が自身の内にある周波数と共振することで、色々な現象が生じるわけです。思いや意識も周波数ですので、物質的なものが発する周波数よりもずっと微細であるがゆえに、意識周波数の共振が世の中を変えたり、大きな出来事を起こしたりもします。また、共振する相手がたとえ少なくても、ある人の意識は必ず誰かの意識と共振しますので、縁と呼ばれるような現象をもたらすのは当然です。思いと意識の発信という人の生き方は、人が孤独でないことを意味しますし、新たな時代の原理を解明することにもつながります。周波数を理解すれば、それがいかに大きく根源的なものであるかがわかり、私たちの生き方も考え方も変わっていくでしょう。

GWの真ん中にあたる二日の夜、比較的お時間が自由に取れる方も多いと思います。周波数について、どうぞご覧ください。ZOOMが初めての方も詳細をご案内いたしますので、ご心配いらないと思います。

お申込み方法
下記フォームからお申込みください
周波数の段階的特徴と実演 BYマドモアゼル・愛
URLをコピーしてお申し込みフォームにお入り下さい。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=bfeb3967898f96a0

なを、このセミナーは完全無料ですが、連休明けから配信手数料のみいただく1000円にてアーカイブ配信の予定です。無料機会をお見逃しなくご利用ください。

ショップマドモアゼル・愛 連休のお知らせ
連休中はカレンダー通りの営業となります。日月にあたる28日、29日、5月5日と6日はお休みしますが、他は通常通りの営業をしていますので、ぜひいらしてください。新発売の741クリアリングチューナーもお試しいただけます。


下記動画は視力や眼に問題を抱いている人向けにMIチューナーの利用法をご紹介したものです。連休中にぜひ眼の問題解決にご利用ください。


MIチューナーの詳細は公式SHOPで
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 

10連休と為替相場 2019年04月18日(木)

今年のゴールデンウイークは10連休と大型ですが、この間に世界の金融状況や経済情勢が大きく変化した場合、日本の市場は取り残されることになります。現代というご時世の中で不思議な感じがしますが、日本ではこの期間市場が開いてないのですから、仕方ないと言えば仕方ないわけです。

となると長期市場閉鎖中の危機管理が重要テーマになります。と言ってもほとんどの人は株式や金融商品をお持ちではないと思いますし、私ももっていませんが、もし市場で大きな変化が起きた場合、株を持っているもっていないにかかわらず、私たちも生活上の変化に見舞われるためです。

例えば、リーマンショックがあった次の日、東京のどのお店もガラガラだった記憶があります。リーマンショックと何の関係もないと思われる立ち食いソバ屋さんに、お客がひとりもいない光景を見て、驚いたものです。

では今回の10連休中に心配なことは何か、、、あくまで予測ですが、それが起きる起きないにかかわらず、関係者は対策を打っておいた方が良いと思われる事態についてです。

一番心配なのは、為替の急変動です。ドル円相場と言ってよいでしょう。実は今年の新年にも突然円が急騰し、驚いた人は多かったと思います。すぐに戻してきましたので、事なきを得た日本経済でしたが、喉元過ぎてもう忘れている状況ではないでしょうか。

前回の1989年をピークとするバブルの時も、年末の大納会というのですが、その最後の日が確か最高値を記録したと思います。そして年が明けた大発会というのですが、取引最初の日に期待とは別に日経平均は下げて終わりました。

感の良い人なら、これはおかしい、、、と思わなければいけないケースです。通常、お正月の大発会はご祝儀相場と言って、ともかくお祝い気分で買いが入るものだからです。ましてバブル絶頂の大発会です。そこで下げたことで、大きなトレンドの変化を市場は教えてくれていたわけです。

しかし、なぜ、こんなにもわかりやすく、前年の年末に最高値、翌年のお正月の最初の取引で下がり始める、という、89年中は買うが90年からは売る、、、という示し合わせたようになったのでしょう。相場はそうしたわかりやすいタイミングを示すことが多いのです。

そこで今年の正月に一時的とも言えるものの、突然の円高が襲ったのかを、私は今年のサインとして読み取るわけです。

その後円相場は安定して多くの人の期待通り若干円安に進みながら安定していますが、年末年始の休みよりも長くなる今回の連休は身構えていなければいけない流れです。突然の円高が襲っても大丈夫という対策が金融機関や大手の企業には必要でしょう。

数日前から始まった日米貿易交渉ですが、最初の数日ではとくに驚く結果は出ていません。マスコミも平穏な内容に終始していますが、よくよく見てみると実は大変な結論が出ているのに騒いでおりません。

結論から言うと、車も農作物も関税云々でどうにかしようとする姿勢が双方に見られず、行き詰まりを見せており、その中でお互いに強引な答えは出さない、、、という姿勢で一致したと私は見ました。

そうなるとアメリカはこのままで仕方ないと日本と妥協するでしょうか。お互い、まあ成り行きを見守りましょうと、平穏に終えられるでしょうか。なわけがありません。

オレンジが安く入れられるようにするとか、車がどうとか、、、米がどうか、、ではなく、個別交渉への期待などアメリカにないことを示したのがこの数日のアメリカの態度から伺えます。

彼らはアメリカ車を日本に売り込むことなどすでにあきらめていますし、また、日本車を完全に締めだすこともあきらめています。せめてアメリカに工場を作らせる、、、という形には積極的ではありますが、それは雇用面からの積極性と言ってもいいのです。貿易の観点からの個別にどうのこうのは、もうない、、、という段階に来ているわけで、残るは為替以外にありません。

まず、お正月休みに突然の円高となってアドバルーンを上げたことが非常に気になります。今年はやるつもりなのでしょう。やるとしたら、長期連休じゃないですか。一番の可能性は。

もし連休中にドル安円高が進んだ場合、連休明けには日本政府は露骨な介入で事態を納めたいと思うはず。そしてできる限りの対応策を打ち出すことでしょう。

それが思うツボとなります。安倍政権のつじつま合わせ的体質は、日本ではマスコミの応援もあってどうにか成立していますが、対アメリカで通る理由はありません。こっそり裏金的なことで、、、との思惑もおそらくはずされるでしょうから、徹底的にやられると思います。アメリカには日本の為替政策をやり玉にあげるための為替不正操作国の切り札があります。

円安・株高そのための為替操作も辞さない日本のこれまでのやり方は、おそらく通用しないことをはっきりさせるはず。アメリカの金融面における戦線布告です。日本が為替変動に耐え切れずに何かすれば、「はい、為替不正操作国」と追求され、なし崩し的に円高は進むでしょう。

さらに、ドイツ銀行はじめ、世界金融における危機が並列した場合、円買いは爆発的な速さで進行してしまいます。世界の通貨でとりあえず紙切れにならない可能性が高い通貨はスイスフラン及び円しかないのです。世界に金融危機が起きれば円シフトが始まることは目に見えています。

日本にとっては、日米貿易交渉と、世界金融危機という二つの爆弾を抱えているようなものです。タイミングは長期休暇。まさに絵がそろった印象。

何事もないことを祈りますが、大企業や日本の銀行は本当に対策打ってるのかしら、、、何となく心もとない気持ちになるのはなぜでしょう。

もしも連休が無事に過ぎたとしても、上記ふたつの爆弾が消えるわけではなく、いずれは、というか近々には必ず起きる事態ではないでしょうか。絶対に起きるんですよね。なんでマスコミは黙っているのでしょうか。わかりきったことなのに。太平洋戦争の際も勝った勝ったといいながら爆弾が落ちて来たわけで、最後まで知らん振りを通すのでしょう。無責任なんですね、マスコミも上も。

トランプ氏は貿易不均衡をトントンにする、、、と言っています。そして交渉において、個別のことにはあまり積極的にも見えません。もうそうしたレベルでの解決はないと判断したからです。

トントンにするための為替相場となると、1ドルが今の半分、少なくとも60円程度の円高になることを意味します。具体的な数字は私にはわかりませんが、大変な為替変動が起きる夜明けであることだけは事実ではないでしょうか。それまで、政府は目くらましの円売りを続けるでしょうが、気づいたところから連休前にドル売りが始まると思いますので、円高トレンドにて長期連休に入りこむと思われます。

連休明けの令和の時代は、風向きがもしかしたら変わっているかもしれません。
マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

吸ったら吐く、出したらしまう 2019年04月17日(水)

私たちにとって最も重要なことは何か、、、何だか大げさないい方でよくないですが、これを知っておけば迷わない、、、という大切なポイントが生きていく上にはあると思います。

それが表題の、吸ったら吐いて、出したらしまう、、、です。すべての事柄はセットになっています。使ったらしまう、、、これを徹底的に行って世界一のメーカーになったのがトヨタです。売れたら補充、、、すべての大企業やコンビニや物流の大元にある姿勢もこれです。

人間も同じで、食べた物は排出しますし、吸った空気は吐きます、、この循環がうまくいかないとまずいことになるわけです。行ってきます、、、と家を出れば、ただいまとセットになります。セットになったものは、非常に安定しておりそこには安心感があります。

生れたものは、では何ですか。そう、うまれた以上は死にます。これもセットです。セットを否定するとおかしなことになります。現代は人の死を遠ざけ、死を悪いもの、不幸なものと捉えることで、生の量的、時間的背景にのみ心奪われ、その分、生の質が衰えています。生死のセットを忘れているからです。

私たちが生きていくとき、何がダメかというと、セットを忘れて動くことです。私たちのやるべきことは、常々において、このセットの完遂が重要なのです。

部屋を汚したら片づける、、、掃除する、、、元に戻す。セットが完遂しない生活をしていると、一方的にエネルギーを奪われて生きます。食べ残しの食器をそのままにしておくことは、生理的にもイヤなものですが、面倒くさくてそのままにしていれば、汚れた食器は自分が汚したものですので、元に戻せと心理的に突っつかれることになります。私たちは汚れたままの食器類によって、エネルギーを奪われ続けているのです。

散らかった新聞も、雑誌も、それを片付けるまで、あなたのエネルギーを奪い続けます。少年が夏休みが終わろうとしているのに、やり残した宿題がある場合、心に重たいものがあります。少年はその重たい気持ちを忘れたくて、つい遊んでしまう。遊んでいるときは一瞬楽しいかもしれませんが、やり残しの宿題への思いによって、実はエネルギーを奪われ続けているのです。
私たちの人生では、自身のやるべきこと、発露すべき素晴らしいものや、才能の開花や魂の成長など、重要なものがいっぱいあります。ことに魂の成長はこの世における目的と言っても良いでしょう。

魂の成長、、、それは何によってなされるのか、、それは本当にケースバイケースですが、誰にも一貫して共通する、その前に、出したものはしまうという、セットの完遂があるのです。魂の成長が目的化するとどうしても観念の部類がそこに入りこみます。しかし日常の生活の中にある、出したらしまうのセットの重要性は、観念や特別な価値が入りこむことのない、物理的な真実です。

なぜ物理的な真実かというと、すべてはそうできているからです。人は生まれた以上は死とセットであり、地球も同じですし、宇宙も生まれた以上はいつかはなくなるでしょう。物に永遠はあり得ないからです。しかし、物事がセットになれば、ゼロに戻れます。ゼロがすべての有のふるさとですので、ゼロポイントにしかエネルギーはなく、セットはすべてのものやことをエネルギーの無の世界に戻してくれるものなのです。有ばかりを求めてエネルギーの機会を私たちは失っているのです。

ここを無視して魂の成長という特別なものに入りこむことは不可能です。特別なものとなった時点で、すでにそれは思考であり観念である危険な別れ道になります。人がもっともだまされやすい別れ道です。何が正しいかの道に入りこんでしまいます。その前にセットがあるのです。常々ゼロに戻せば、何も難しい真理や魂の成長という観念目標を持ちだす必要もなくなります。

真理を悟ったと言われる人と食事をした時、その聖者の食べ方が何か変だ、、、と思ったとしたら、やっぱりその聖者は変なんだと思います。偶然の縁で、昔、ある宗教のトップクラスの人たちと会食したことがありますが、その人達の食べ方を見て、何となく失望したことがあります。うまく言えませんが、きっとインチキなんだろうな、、、と。

かくいう私の食べ方などはまったく褒められたものではありませんので、人様のことなど言えませんが、いただきます、ありがとうのセットで食べているかどうかは、見ていればわかるものです。岡本三典さんというひふみ神示を降ろした岡本天明氏の奥様と縁あって食事をしたことがあります。それも二人で料理を作って一緒に食べるという貴重な体験でした。その時は逆に私の方が本当に恥づかしかったのです。お祈りもしないまま「いただきます」と勝手に食べ出してしまった私。祈られている三典さんの前で、穴があったら、、、の気持ちでした。セットを持つ人か持たない人かは、このようにお見通しとなってしまうわけです。

公害も自然破壊も、出したらしまう、汚したらきれいにする、使ったら元に戻す、、を忘れた私たちの姿です。公害や自然破壊が許されている以上、立派な観念としての目的が糊塗されているのでしょう。おかしなことをするには、理屈が必要だからです。出したらしまう、、のセットを忘れると、嘘と偽りの世界が出現するようになっているのです。大きなゼロの存在を忘れてしまっているからです。ゼロに力があり、有には力がないという逆転がわからない今の文明の行き着く先は知れています。

私たちが出したものをしまうか、もしくは強制的にゼロに戻されるか。土星という星がそれを担います。占星術に関心がある方は、土星についてのセミナー配信が下記にありますので、ぜひご覧ください。

占星術の話しになるとまた本質がずれますので、話しを元に戻しますが、私たちが日々やるべきことでもっとも大事なことは、出したらしまう、、、要するに掃除です。

公害や自然破壊がなければ、地球はもっともっと長く生きられるはずです。有限の物を奪い合う今のやり方は、有の増大ばかりに目を向け、ゼロポイントを忘れているため、汚しっぱなし、奪いっぱなし、となっています。

それは個人の生活においてももっとも重要なことだと思います。靴をぬいだらそろえる、、、スリッパをそろえる、、、汚したら片づける、、、出した物はしまう、、、すべてをゼロに戻す作業を優先させることで、日々はエネルギーワークになっていきます。トヨタの社風などは別として、トヨタがやってきた物を元に戻すノウハウは、まさにゼロポイントであり、世界一になった秘密がきっと眠っているはずです。

私たちも人生に崇高な目標や目的を持つことは重要ですが、日々の生活における出したらしまう、、、という、セットに目を向け、掃除していく日々がない限り、きっとどのような崇高なものも、観念に陥っていくと思います。


動画配信セミナー「土星セミナー」9500円 

内容
土星がこの世に天国をもたらす星であり、この世が天国とならない限り、私たちは死んでも天国に行けないのです。本日の上記したブログ内容がさらに詳細に語られたセミナーです。あなたの出生時の土星サインの沿ってご理解いただけます。



マドモアゼル・愛 公式SHOP

528Hz専用 木製音叉箱 1万円
お待たせしました。音量を増大する528Hz専用の木製音叉箱が完成しました。通常の528Hzチューナーを差し込んでお使いいただけます。ノーマルチューナー専用音叉箱・プレミアムチューナー専用音叉箱のどちらかをお選びいただく形になります。全身に528を浴びる、、、教室で大勢の方に聞かせる、、528Hzの大音量が欲しいとき、528Hz音叉箱をお使いください。詳細は下記動画に。



マドモアゼル・愛 公式SHOP

 

わかってくると語れなくなる 2019年04月08日(月)

夢は現実を暴露する、、、という言葉がありますが、確かにそうです。昔、雑誌での長期連載で夢診断をやっていました。かれこれ4-5年続けたでしょうか。購読者が見た夢を分析解読するコラムのような連載企画で、それなりに人気があり、毎月千通ほどの解読希望が寄せられました。開封するのが大変でしたが、貴重な夢の実例であり、結構夢中でやりました。

5年ほど続けましたので、おそらく私のようにたくさんの夢の実例に接した人は、そんなにいないかもしれません。そこでわかってきたことがいくつかありました。学者の研究とは異なる立場でのものであり、解読ですので、あくまで自分流です。学術的にはインチキと言われても仕方ない内容かもしれませんが、夢に学術もへったくれもあるものか、、、という気持ちがあり、学問の範疇で収まるような小さなものではない、というのが私の夢感想です。

というのも、夢の方が、自流の解釈が正しいとか、正しくないかを、その後の展開によって教えてくれることがずいぶんとあったからです。どういうことかというと、まず、夢がある景色や情景を人に見せます。その段階では単なる夢の景色や情景に過ぎませんが、後に何等かの事件や出来事が実際に起きた時、そこが夢にでていた場所や状況そのものであるなど。

そうした夢を同時期に何人もの人が見ている、、、、その続きを誰かがまた夢で見て、その後に実際にそうなって展開していく、、、というような集団での夢見という状況もよくありました。もちろん、夢集団はお互いに知らない赤の他人同士です。しかし、夢を分担して集団で見ていたのですから、夢の中では友人同士なのかもしれません。夢仲間です。

私自身もこの例を何度か体験しています。私と関係ない人の運命にかかわる出来事が私の夢に現れるケース。これはよくあるのです。マッキンレーで消息をたった登山家が突如私の夢に現れて、メッセージを与えたのです。私はその人のことをほとんど知りませんでしたが、マスコミで騒がれていた人だとはわかりました。しかし、私が夢の中で受け取ったメッセージには手ごたえがあり、嘘ではない、、との思いがあります。

この場合は、後に証明することができないので、ただの偶然となってしまうのでしょうが、行方不明には立派な理由があったのです。植村さんは本当に立派な人だったことを、私は夢で知りました。やむを得ない、、、本当にやむを得ない、、英雄的な理由で彼はいなくなったことを、夢で私に告げてくれたのです。

なぜ私の夢に現れたのか、、、その理由はわかりません。それこそ夢仲間という以外にないのです。夢仲間にはルールがあるようで、なぜか、同じ太陽星座、もしくは同じ月星座の人と夢仲間になるケースが多いのです。月と太陽が同じ場合もあります。ともかく月と太陽などが同じ星座にあると、夢仲間になりやすいのです。お互いに知り合いでも面識がなくてもです。

みなさんも、あなたと同じ太陽星座、もしくは月星座を持つ知人友人がどうしているか、、どうなるか、、、という予知夢に近いものを見る確率は高くなります。友人知人以外にも、あなたは知っているが相手はあなたのことを知らない有名人なども、夢仲間になり得ます。

学者や一般人にはまったくついていけない話しになってしまいましたが、まあ、与太話だと思ってお聞きください。もしかしたらあなたの夢仲間が貴重な情報を夢であなたに教えてくれるかもしれないのですから。与太話もたまにはためになるものです。夢との付き合いには、そうしたおおらかさが大切。

やぎ座の太陽が同じ人同士の中である夢事件が起きました。

私が夢判断をすることを知っていた高齢のやぎ座の女性で、私の占星術のファンでもありました。その高齢の女性は戦争前は満州で豊かな暮らしをされていましたが、日本の敗戦と共に大変な思いをしてやっとのことで本国に戻りました。旦那様を満州で亡くされています。

その女性が見た夢は、数人の男性が部屋の中にいて切腹している場面でした。切腹する者、介錯しようとする者、、そこは大変に血なまぐさい異常な光景です。切腹した人は、自分の腹から内臓を取り出し、その女性にこれを届けて、、、と言い残して息絶えます。

驚いた女性は、すぐ近くにいるもう一人の男性に助けを求めると、その人も首をうなだれてすでに死んでいたというのです。

大変不気味な夢で不安になって私に相談にいらしたわけです。私もよくわからぬまま、はっきりしたことを言えませんでしたが、それから数日後に大変な事件が起こりました。

三島由紀夫氏、市ヶ谷の防衛庁で割腹自殺。仲間数人も同じく自殺して果てました。その時の情景がやぎ座の女性の見た夢と酷似していたのです。

三島氏も女性も同じやぎ座の太陽星座でした。戦争で悲惨な体験をした女性の運命に寄り添うにように、三島氏の魂が引き寄せられたとも思えるし、三島氏の思いをこの女性に託そうとしたようにも思われます。

同じ月や太陽星座を持ち合う夢仲間。もっとも簡単な夢伝達法ですが、よくあるのでぜひ覚えておいてください。

夢の解釈は基本自分流ですが、そこには自分なりのルールがあり、夢解釈はルールを持つと割と簡単にできる場合があります。セノエ族の夢判断が流行ったことがありますが、セノエ族の夢解きもわかりやすいルールが基本にあります。

気持ち良い夢は大切であり、どんどん気持ち良くしていくこと
落ちる夢に対しては、上手に着地するようにすること
飛ぶ夢はうまく飛べるようにしていくこと
道を曲がる際は右方向に行くこと
襲われる怖い夢を見たらその相手を直視して突き止めること 相手に負けないようにしていくこと
他にもありますが、そんなに多いルールではありません。

セノエ族の場合は、夢の内容を上記のように捉え、次の夢で、もしくは夢の中でそのことを思い出したなら、夢の内容を変えることで、現実が変わるという考えです。夢を変えれば現実が変わるという極めて前向きな考えであり、現実よりも最初に夢があり、夢にあらわれたことが現実になるとの姿勢です。意識が先とのルールに立てば、まさにその通りなのです。

時に夢は恐ろしいまでに現実を暴露します。もう時効で該当者探しは不可能だと思うのでお話ししますが、大昔にあるカップルが占いにいらして、その席で昨晩見たという夢の話しを女性が軽い気持ちで話されたことがあります。
楽しそうに話す女性、それを聞いていた男性もにこやかで、二人は結婚されるということでした。しかし女性の夢の話しは、恐ろしい現実の暴露でした。その内容は、他にも好きな男性がいたのでしょうか、女性は他の男性の子供を現在懐妊中という内容だったのです。

夢でそんなことまでわかるのか、、、の疑問が出てくるかもしれませんが、分かる場合もあるのです。この時は確信でしたので、私は何も話せず、ただ自分の心臓がバクバクと早打った記憶があります。

夢が私たちに語りかけるもの、、、それは単なる夢物語ではない、現実の暴露の面があります。しかし私たちは自分が見た夢を自分の都合が良いように解釈しがちで、暗黒の部分から目をそむけたくなります。それが悪夢が続く原因でもあります。

夢の世界には良いも悪いもありません。事実かどうかだけが問題にされます。悪人が自身を悪人と意識できていれば、悪夢は見ません。悪人なのに自分を善人だと思っている人は悪夢で調整されるのです。現実と無意識世界に乖離があるかどうかが大切なのです。

ハゲのおじさんが自分はハゲであると思い、そう思われることを受け入れた場合、ハゲは闇の性質を持てなくなります。ハゲのおじさんが自分はハゲであると思い、そう思われることを受け入れられない場合、ハゲは闇の性質を連れてきます。

ハゲ自体が闇であったりふさふさ髪が晴れであったりするわけではないのです。ハゲもふさふさも闇や晴れに関係しません。それをどう受け止めるか、、、そこに何等かの乖離が生じることがありはしないか、、、

夢について漠然とでも関心を持ち、自分が見た夢について考えることを通して、私たちは意識の生活と無意識の自分との乖離を埋める旅に出たようなものです。旅は長く続きます。私は5歳の頃見た夢について、つい先日、今なを、5歳の時に見た夢について今でも考えている、、という夢を見ました。5歳の時に見た夢は意識の世界では忘れていましたが、夢の世界でははっきりと5歳に見た夢をリアルに思い出せていたのです。夢の世界にはまた違った自分の人生があり、それが続いていたということでもあります。

こうした時空を超える夢の性質は、三次元の世界、四次元の世界とつづく現実世界の次の段階へのカギを握っているのかもしれません。夢以外のもので時空を超えるイメージをつかむことは難しいからです。

意識と無意識の乖離を許す現実の世界の限界もそこに見ることができます。悪は隠れているから存在できるわけで、私たちのこの世は、意識と無意識の乖離がもたらす隙間に色々なものを生息させてしまっていたのです。

その部分の大掃除が個にとっても時代にとっても、今後のテーマになっていくと思います。


 お知らせ
来る4月20日、関西サイ科学さんでの講演があります。土曜日ですので、関心がある方はぜひいらしてください。お申込みは下記メールにてお願いします。

お申込みはmoushikomi_psij@yahoo.co.jp までメールにてお申込みお願いします。

とき:平成31年4月20日(第3土)午後13:15~17:00(開場・受付13:00)
ところ:阿倍野市民学習センター(あべのベルタ3階)スタジオ
タイトル:「目に見えて変化するこの一年を具体的に予測する」

〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10−1 300 あべのベルタ3F
阿倍野市民学習センター (スタジオ)

講師:マドモアゼル・愛 氏 

講座内容
2019年の春分図を読み解く
春分図とは占星術におけるその年を占う根拠となる星の配置を記した図のことで、春分図によって一年を占うことを基本とします。

今年は貧困がさらに進むと同時に民衆に政権への怒りが持ちあがり、労働争議やストライキが本格化するでしょう。

政府を表す部屋に最悪の星の組み合わせが出ており、突然の失脚や転覆があります。安倍政権は決して安定していません。

世界ではインドと中国における大暴動の危険が出ています。当日はトランプ氏の登場の意味と、トランプ以前のアメリカと世界。トランプ以降のアメリカと世界の違いを明確にすることで、現在行われている改革の本質に迫る話しをいたしたいと思います。

●マドモアゼル・愛氏 プロフィール

日本を代表する西洋占星術師。占星学界の一線で40年にわたって活躍。
日本で初の日本版天文歴を監修出版。(エフェメリスオブジャパン)日本で占星術を学ぶ方のほとんどはこのマドモアゼル・愛監修の天文歴を使用。
多方面における活動も多く、和歌を歌う披講の研究と実践。民間で唯一の披講の研究会を主宰。(星と森披講学習会)
披講の道からさらに日本語の特殊性に研究は進み、母音発生の特徴とその意味、さらに倍音、高周波、共振現象の本質的研究。

その結果として色々な周波数のチューナー(音叉)を作成発売。フリーエネルギー原理の研究とその応用による各種製品の開発。
ニッポン放送のトップ人気番組であるテレフォン人生相談の回答者として20年の実績。著書多数。現在は東京尾山台で開発したチューナーなどを販売するショップマドモアゼル・愛を経営。

●会費:会員及び同伴の家族2,000円 非会員3,000円 学生1,000円、
 初めて参加の方2000円

●講演後講師の先生を囲んで懇親会を予定。会場で事前受付をして下さい。
(人数制限があります)
懇親会会費予定3,000円 終了19時頃 場所:あべのベルタ地下1階「わのわ」
カフェ

お申込みはmoushikomi_psij@yahoo.co.jp までメールにてお申込みお願いします。

品質最高はMIチューナー
マドモアゼル・愛 公式SHOP
 

令和に寄せて 「大伴家持・菅原道真・一条天皇のお話し」 2019年04月04日(木)

新元号が令和に決まり、最初感じた違和感も段々と薄れてきている人が多いと思います。発表日にブログでも書きましたが、さらに色々な思いを動画にアップしました。かなりぶっ飛んだ話しにまで発展していきますので、まともな感性の方はご遠慮ください。インスパイヤを求める人には刺激があるかと思います。(動画内で大伴家持と菅原道真の年代を間違えてお話していますので、訂正します。大伴家持、菅原道真、一条天皇の順に古い存在です。大伴旅人が道真を思って梅の歌をつくることは年代的にあり得ません。ですが霊的な整合性はむしろ濃厚で大宰府で梅を歌う、、、まるで後世の道真公の出現を暗示していたかのようです)

 

マドモアゼル・愛 緊急号外 新元号「令和」の神秘的考察  2019年04月01日(月)

新元号が決まりました。出典は中国ではなく日本の万葉集です。新元号から連想されるものは数多いと思いますが、神秘的な面から新元号について考察してみたいと思います。

まず、安倍氏は先週、皇太子様と二度にわたりご面会されています。新元号についての情報の交換であったと思われますが、二度というのは異例だそうです。三度面会されたという情報もあって、よくわかりませんが、一度で済まなかったことは確かです。

だからと言って何かもめ事でもあったのか、、、というわけではありませんが、基本、政府サイドと皇室サイドでは、考え方に違いがあった可能性はあるかもしれません。

まず、出典を中国でなく日本に求める、、、というのは、現政権の以前からにおわせてきたことですので、なるほど、、、との気持ちがありました。ただ現政権の個性を思うと、万葉集というのは意外でした。

万葉集は大友家持が編纂した最古の本格的歌集ですが、天皇の御製から農民の歌まで取り上げた、どちらかというと日本の民意を象徴した歌集と言っても良いものです。王様の歌と農民の歌が同じ一冊の中に歌われることは、世界でも珍しいものだったはずで、そこに日本独自の姿勢を見ること自体は素晴らしいと感じます。

しかし、実際の問題として、大伴家持は当時の藤原勢力から疎まれ、あらぬ事件の責任を押し付けられたりしながら、大友家の力は衰退していきました。そのことを肌で感じていた家持は、万葉集の編纂の最後の歌に下記を詠み、以後断筆します。

もう自分が出る時代でもなく、それが許されることもなかろう、、、との孤独な思いの中で、天皇より仰せつかった万葉集の編纂を最後に自分の政界における居場所がなくなることを分かっていたのでしょう。しかし、家持の天皇と日本国を思う気持ちは強く、彼は万感の思いの中でこの歌を詠み、以降断筆したのです。

「あらたしきとしのはじめのはつはるのけふふるゆきのいやしけよごと」
めでたくないものはどこにもないという完璧なおめでたの文章構成の歌です。日本がよくなるようにとの思いを、この一首に家持は託したのです。

そして、平成が終わろうとした今年、よみがえるようにして家持の思いは戻ってきました。万葉集の中の、梅の和歌32首と言われます。その冒頭のメッセージから「令和」はとられました。

梅といえば、家持と共通する思いの中で非業の死を遂げた人がいます。そう、菅原道真公です。道真公は天皇から愛された人でしたが、政治屋である藤原氏からはうとんじられ、偽りの出来事の責任を取らされて九州で非業の死を遂げます。

天皇から褒美の召し物をいただいた栄誉からわずか一年足らずの不幸でした。以降、道真公は雷神と恐れられ、道真公の讒言に加担した藤原勢はすべてがその後非業の死を遂げ、宮中には落雷、さらに都には疫病が蔓延するなどしたため、道真公の怨霊に違いないと恐れた政府は道真公の罪を許し、最終的には従一位の最高栄誉を与えて道真公の怨霊鎮めを行いました。

その道真公のトレードマークはまさに梅。家持の梅三十二首、両者に共通する政府からのいじめと政界の圧力の中で、日本人としてのまことの心を通されたことが、二人に共通してあります。

そんな故事歴代を感じさせる背景は、現政権にとってはもっとも使いたくないはずなのに、なぜ、新元号は令和になったのでしょう。

また令和の令には、大宝律令や養生律令など、命令の意味があります。令和を命令から読み解くと、和を命ずる、、、ことになります。現政権にはどちらかというと、戦を命じてきた印象があります。その政権がなぜことに及んで和を命じることになったのか、、。

そこに、天皇の何等かのお力を感じざるを得ません。まあ、あくまで個人の戯れの話しではありますが、神秘的な側面から見た今回の改元には、多くの意味を感じざるを得ないのです。

何であれ、真相などわかることではありませんが、令和がもたらす言葉の力、すなわち言霊からは、民意の時代の到来と、和を命じるという絶対使命が与えられたものと読むべきで、私はありがたい、良い元号であると思うわけです。

発表時間が10分どほ遅れたり、皇室と首相の対面が数度も行われるという異例の流れにも、ギリギリの霊的攻防が感じられます。勝手な個人的感想ですが、現政権の新元号への期待は真逆に出て、現政権の思いとは別に新たな時代が始まる気がします。

日本にはきっと新しい民意の時代が訪れるようになるでしょう。家持の思い、道真公の思いの達成ともみるべき新元号が、私たちに新たな時代を運んでくれると思います。

マドモアゼル・愛 公式SHOP

 





Copyright(C)2010 Mademoiselle-AI, All Rights Reserved.